中学受験で伸びる子の共通点といえば、それは「勉強にモチベーションを持てるか否か」です。
中学受験対策をするのは小学生です。
小学生の場合、自発的に「中学受験したい」と思うのはごく少数で、大抵は親の意志で受験を決定されます。
自分から受験をしたいと言い出す子がいたとしても、周りの友達がするから、なんとなくカッコいいからといったふんわりした理由で、確固たる自分の意志で受験を希望する子はごくごく少ないのです。
そのため、受験対策のし始めは「やらされている」感が否めない場合が多く、なんとなく惰性で塾に通ってメソッドをこなしているだけという子が多いのですが、途中からグンと成績が伸びる子は一定割合出現します。
彼らは勉強のやり方のコツをつかんだ子です。
勉強の仕方がわかることで成績が伸びます。
そして成績が伸びるとモチベーションが上がり勉強が楽しくなります。
そして更に勉強するので更にモチベーションがあがり、と好循環に突入します。
楽器やスポーツでも同じ現象があると思いますが、勉強もできると楽しくなり更に高みに行かれるのです。
勉強のコツのつかみ方は塾の先生との相性が良かった、仲の良い友達ができて塾が楽しくなった、などきっかけは様々ですが、共通していることは勉強が楽しくなる、モチベーションが上がるということです。