中学受験を目指し勉強している子で成績がグーンと伸びる子の特徴の一つとして、「塾でライバルの存在を意識している」ということがあります。
ライバルと言っても、全てが同じ学校を目指す敵という概念ではありません。
中学受験用の進学塾においては実力テストが行われ、その順位が発表されたり、全国模試の結果が張り出されたりします。
そのため、塾生たちは塾内自分の立ち位置、そして自分と同じぐらいの子が誰かわかります。
伸びる子は同レベルの塾生が自分より良い成績を取ると焦ります。
漠然と「偏差値をあげる」というよりも「誰々より上位の成績を取る」と具体的な目標を設定した方が実現した時にモチベーションが高くなり、さらなるやる気がでます。
そしてそのモチベーションは中学受験において成績向上の絶対条件なのです。
まず大事なのは同じぐらいの成績の子に抜かれたら悔しいと思う気持ち、焦る気持ちを持つことです。
そういった気持ちが出ない子、他の子はどうでもいいやと思ってしまう子は逆になかなか伸びません。
「あの子に負けたくない」という気持ちからの努力が小目標の積み重ねとなり、それが積もり積もるうちに受験合格という大目標の実現へとつながるのです。