わが子を中高一貫校にいかせたいと思っている親御さんは多いですが、そのためには、中学受験をさせることが必要です。
そのためには、まずは中学受験用に塾にはいっていくことが必要なのですが、そこでの勉強はかなり過酷なものになります。
問のも中学受験の試験問題というのは、小学生が解けるのかというくらい難易度が高いですし、広範囲から出題されるので、かなりの勉強をして実力をつけていかなくてはなりません。
課目も国語、算数、理科、社会の4科目がありますが、どれも難易度が高いだけでなく、暗記をしなくてはならない項目がたくさんあるので、勉強がとにかく大変なのです。
また塾では頻繁にテストや模試があって、成績が伸びているのか、そうでもないのかが、いつも気になる状態にあるので、なかには、成績が振るわなくて、自信を失ってしまう生徒もいます。
ではどのような子が成績が伸びる子なのかといえば、学習のスケジュール管理がきちんとしている子です。
ただ、スケジュール管理というのは、小学生が自らできるものではありません。
結局、親がしっかり学習のスケジュールを管理したり、健康面でも気をつけているご家庭の子は、伸びる子になっていくのです。